HOME > WORK > 小宮山 俊
INTERVIEW
真に喜んでいただける
ご提案を実現させるために
日々、経験を積み上げる。

柏営業課
小宮山 俊
SHUN KOMIYAMA
建築工学専攻修了

現在の仕事内容

リフォームのニーズ開拓やご相談対応にはじまり、施工内容に応じたプラン立案やお見積りの提示、施工会社・資材の手配や工事の進捗管理、お引き渡し後のフォローまでを一貫して担当するのが、リフォームエンジニア(RE)です。ただし、同じREでも、エリアによって働き方が変わってきます。例えば、以前所属していた部署の管轄エリアでは、分譲マンションにお住まいのお客様が中心でした。このため、会社や自身の存在を認知していただくことから着手し、信頼関係へと発展させることに注力していました。一方、現在所属している柏営業課の管轄エリアは一戸建てが中心で、ミサワホームで住まいを建てられたオーナー様も多くいらっしゃいます。すでにグループに対する信頼が厚く、些細なことでもご相談していただけるため、常に数多くの案件を抱えることになります。効率を考えつつも、各お客様から寄せられる信頼にきちんとお応えすることが大切になります。

ミサワリフォームで働く魅力

大学院で建築デザインについて学び、特にディスプレイに興味を持っていた私は、就職活動当初、店舗の内装工事を手がける業界をターゲットにしていました。ただ、店舗に限らず、住宅やオフィスなど、より幅広いジャンルに携われる可能性がある点に惹かれ、最終的にミサワリフォームを選択しました。実を言うと、設計職をイメージして入社したので、設計以外にもさまざまな職務を担うREを任命された当初はとまどいもありました。しかし、実際に働いてみると、現場を見ながらお客様と直接会話を重ねることで、初めて最良のご提案が可能になるのだと知りました。新築当初の図面が残っていない現場などは、解体してから想定通りに施工できないことが判明し、急きょ次善策立案の必要に駆られることもあります。また、既存の窓の位置や日当たり具合、眺めをベースにご提案を考えるべきケースもあります。現場の多様性は、最初から机上で設計しているばかりでは学ぶことができないのです。一貫して諸業務を担うREは、自分の経験値やノウハウの蓄積を増やす上で、今の自分にとって望ましい働き方なのだと思っています。

引き出しを増やしたうえで
設計担当に

REの職務にも手ごたえややりがいを感じていますが、いずれは専門のセクションで設計業務に従事したいと考えています。ミサワリフォームの仕事で感じられる一番のやりがいは、お客様から「あなたに担当してもらって本当に良かった」と喜んでいただけること。一人でも多くの方からこのように言っていただけるようになるためには、まだまだ多くの現場やお客様と対峙して、引き出しを増やす必要があります。既にご説明した通り、エリアや住宅の種別によって技術的な対処法は違ってきますし、お客様のニーズにいたっては、その都度、千差万別です。そして、お客様のなかには、ご自身の想いをうまく言葉にできない方も少なくありません。豊富な現場経験・さまざまなお客様との折衝経験を積み重ねることが、自身の提案力アップにつながるはず。こんな風に考え、当面は、REとして幅を広げていきたいですね。

ONE DAY SCHEDULE

09:00 出社。当日の天候が思わしくなければ、担当現場の施工会社などに連絡を取り、見通しを確認。予定に変更が生じるようなら、お客様にその旨をご報告する。
09:30 メールをチェックし適宜対処。続いて、この先の工事に向けて、施工会社や資材の発注などの事務作業に従事する。
11:00 水まわり設備の改修現場に出向き、仕上がりや進捗状況をチェック。予定より遅れていたので、今後、どう取り戻していくかを施工会社と協議し、お客様にご説明する。
12:30 移動途中で昼食。
13:30 以前、お子様部屋の間取り変更についてご相談があったお客様宅を訪問。現場を見ながらご要望をうかがい、このあとのご提案の大まかな方向性を固める。
15:30 オフィスに戻る。後輩から、見積書の確認を頼まれたので、内容をチェック。修正したほうが、より確実という点についてアドバイスする。
16:30 自身の担当案件のプランニングや見積もり作成。
18:00 上司の手が空いたタイミングに、自身の担当案件の進捗状況と、今後の行動予定を報告。
19:00 一日の職務がひと段落したところで翌日の予定を確認し、帰宅。