TOPへ戻る

建築家 一覧

家づくりとは楽しくワクワクするような体験です。
店先に並べられている商品を買ってくるわけでもなく、
ネット上のクリック一つで宅配されるものでもありません。
ひとつひとつ考え、悩み、選び、時には諦め、その繰り返しで創り上げていくものです。
その素晴らしい体験をサポートさせていただくことが私の仕事です。
しかし単に要望を形にするだけであれば、誰にでもできます。
クライアントの要望を良い意味で裏切り、
想像もしていなかったような提案をすることが自分の仕事だと思っています。実例を見る

石橋克哉

石橋克哉

住まい手の求める「住まい方」「空間の在り方」は、
日々の生活で常に形を変え変化しています。
いかに心地良く機能性に優れたたご提案ができるか、
そこで暮らす人の目線で 考え住まう人の暮らしやそこで過ごす時間を大切に「暮らし方」をデザインする。
そんなご提案をしたいと思います。実例を見る

木下美保乃

木下美保乃

「内側から外側へ」
住まう人、使う人の手が触れる場所から「心地よい」と感じるデザインを考えることを大切にしています。
「デザインする」ことは、私達の暮らしのなかでおこる様々な問題を解決するために考え、
快適性や安全性を具体的な形にすることです。
発想は「内側から外側へ」・・・建物という器だけをつくるのではなく、
私達が暮らす場である生活空間の細部から生活環境全体のデザインを追求し「心地よさ」をご提案しています。
そして、空間へ、建物へ、街へ、と心地よさを拡げていきたいと思います。実例を見る

酒井正人

酒井正人

不便なことを便利にする、不利な条件を有利にする、不可能なことを可能にしたい。
私たち「378A」は、問題を「解決する」だけではなく、問題を「活かす」という視点から発想してゆきます。
また、完成「直後」を計画するのではなく、建物がその役目を終える日までの「舞台」を、
様々なアイディアによって提案させて頂きます。
そして、それらを美しくまとめ上げることを目的としています。実例を見る

378A
田中功一 / 佐藤美欧

田中功一 佐藤美欧

家づくりは、そこで生活する人の日常の背景をつくることであり、
その背景は、様々なライフスタイル受け容れる、出来るだけ大らかで、
シンプルで、易しいものであるべきだと思います。
そのシンプルな空間に、素材の質感や外部の風景、光を取り入れ、少しだけ脚色をして、
より日常の生活が豊になるような住宅を作りたいと思っています。
既存の状況、周辺環境や予算等、さまざまな条件があり、それを整理し最適な形を探していく、
少し根気の必要な作業ですが、それを楽しみながら進めていけたらと思っています。実例を見る

塚原誠

塚原誠

空間を作るために意識することは、居心地のいい空間をつくること。
どんなにコンセプトが良くても、いい寺領を使っても、居心地の良さを提供できるものではない。
常に意識している要素は“陰”と“間合い”である。
モノとモノとに生じる距離、その間合いに生じる陰。
これらの要素は空間に切れ味と深みをつくり出す。
素材やコンセプトが違えど、デザインの手法としては、自分の中では最も重要な要素である。実例を見る

大繩順一

大縄順一

“美しい日常生活のための空間を提案します”
生活に深く密接にかかわる建築空間(住空間)を、
「そこにいて気持ち良い、過ごしていて心地良い」と感じ、
前向きな気持ちになれるように作りたいと考えています。
日々の暮らしを機能的に行い、かつ美しく整った家をつくるために、プランニングはもちろんのこと
平面のみではなく立体的に検討し、照明計画やオーダー制作家具まで詳細にデザインしてゆきます。
お客様のライフスタイルを深く理解し、共に住まいをつくりあげるパートナーでありたいと願っています。実例を見る

奥村理恵

奥村理恵

設計のスタイルは、先ず想いを共有する所からスタートします。
お客様との対話を重ね、その中で周囲の環境や風景、
時代の空気感等を建築に取り入れながら設計を進めて行きます。
個人住宅・集合住宅から飲食店や農産物直売所等の商業施設、
犬・猫のための保護施設や保育園、障害者グループホーム等の福祉施設まで、
新築・増築・リノベーションなど問わず、幅広い実績があります。実例を見る

4FA
江泉 光哲 / 中林 仁子

美しく合理的で快適な空間であること。
建築の様々な用途や新築、改修の違いに関わらず、
クライアントの思い描く理想と向き合いながら、
ここでしか生まれないオリジナルの空間を目指します。

米本雅喬

TOPへ戻る