洗濯機を購入しようとした時、洗濯機がスペースに収まるか、縦・横・奥行を確認すると思います。
見落としがちなのが「洗濯用の蛇口位置」なのです。

最近の洗濯機、特にドラム式洗濯機は既存の蛇口位置では低く、設置できないことがあります。
せっかく、洗濯機を新調したのに、設置の段階にきてのトラブルは避けたいですね。

では、蛇口位置が低い場合、どうしたらよいのでしょうか

こちらの記事もおすすめ
実際の節水はどのくらい?エコな設備で、水道光熱費はお得に

洗濯用蛇口の位置を高く変更する。

気に入った洗濯機を諦める必要はありません。
蛇口の位置を変更してしまえばいいのです。
ご自宅の蛇口位置を変更する方法は2つあります。
メリット・デメリットを踏まえてご紹介しますね。

方法① 壁面に這わせる洗濯用水栓に交換する。(ex.壁ピタ水栓)

壁ピタ水栓(パナソニック)

メリット:自分で作業することもでき、費用を抑えられる。

デメリット:配管部分が露出し、見た目が劣る。

方法② 壁の中の配管位置を変更する。

蛇口を高い位置へ

メリット:配管が壁の中に納まるため、デザイン性に優れている。

デメリット:自分でのDIYは困難、費用は高くなる。

それでは、詳しい手配の仕方について説明していきましょう。

■どこで購入し、どこに依頼したらよい?

① 洗濯用水栓を自分で交換する場合

「洗濯用水栓」は家電量販店サイトなどで購入することができます。作業については専門業者に依頼することをおすすめしますが、自己責任の範囲で自分で作業することも可能です。

② 洗濯用水栓を自分で購入せず、専門業者に依頼する場合

「洗濯用水栓」の選び方が分からない場合は、初めからプロに相談してみましょう。専門業者の検索ワードは「水道工事」「水回りトラブル」でOKです。

③ 壁の中の配管位置を変更する場合

この場合、自分で作業することはおすすめできません。専門業者に依頼をしましょう。依頼する窓口は次のようなものがあります。

  • 水道工事店
  • リフォーム会社

水道工事店の探し方は前述してますが、「水道工事」「水回りトラブル」で検索です。

そして、注目ポイントは「リフォーム会社」でも受け付けてくれるところです。

実のところ、リフォーム会社で、「②洗濯用水栓を自分で購入せず、専門業者に依頼する場合」にも対応可能です。

■大規模な工事だけがリフォームではない

『リフォーム』という言葉には「修理する」という意味も含まれ、大規模な間取り変更だけがリフォーム会社の仕事ではないのです。

たとえば、「畳表の張り替え」「断熱サッシへの交換」「扉の蝶番交換」まで対応してくれる大手リフォーム会社もあります。

大手リフォーム会社に申し込む最大のメリットは、ストレスなく品質の高さ安心を得られるところではないでしょうか。

修理後の「水漏れ」トラブルを避けるためにも、自分に合った修理方法、手配方法を検討してください。

■ミサワリフォーム

メンテナンスや修理など、お家の困った!のご相談を受け付けております。

お家の困った!が発生した際は、お気軽にお問合せください。

「ミサワホーム」「ミサワリフォーム」
▼アフターメンテナンス▼

お家の困ったに迅速対応 住まいの修理・メンテナンス&リフォーム クイックメンテプロ
対応エリア:東京・神奈川

▼初めての方はこちらから▼

対応エリア:東京・神奈川