凹みに生まれた手洗いスペース 東京都 稲城市 Hさま
ミサワホームイング桜丘店 太田かおり 加藤 充

玄関横のトイレを改装されたH様。手洗い付き便器では、お子さんの手が手洗いまで届きにくく、水はねの原因になっていました。そこで、玄関収納の一部をトイレに取り込んで、手洗いスペースを設置。カウンター下は、シンプルなオープン収納とし、丸い鏡とベッセル式(置き型)の手洗器で、やわらかな印象にまとめました。床は淡いグレーの凹凸のあるCFシート張りとし、同じくグレーのモザイクタイルを水はねしやすい手洗器の前にあしらい、アクセントとしています。このわずかな壁の凹みによって、以前よりも機能的で広がりのあるトイレ空間となりました。 便器背面の吊戸棚は、以前のものを再利用。手洗いカウンター上部には、手元が見やすいようにダウンライトを新設。メインのダウンライトと同時にON/OFFできる。

  • カウンターは、耐水・耐候塗装を施した板を採用。洗面室もあるが、この空間を気に入ったお子さんは、帰宅後、ここでの手洗いが日課になっているという。
  • 玄関側から見る。飛び出した壁の裏側が、手洗いスペース。

リフォームデータ

建物区分 マンション リフォーム部位 洗面所・トイレ
工事費 100万円台 築年数 築10年

おすすめカタログプレゼント!

戻る

店舗情報