腰壁の残し方に、ひと工夫あり ゆったり開放感があって機能的 東京都 大田区 Kさま
ミサワホームイング成城学園店 松本恵美子 田中裕一郎

K様が長年憧れていたログハウス風の住まいを、杉の無垢材をふんだんに用いて実現しました。改装したサニタリーも腰壁を杉板張りとし、構造上抜けなかった柱は杉板で巻いて仕上げています。この、ゆったりとしたサニタリーは、1階の動線を見直すことで生まれました。廊下をサニタリーに取り込むとともに階段をリビングに直結させ、複雑化していた動線をすっきりと整理。リビングを中心に、サニタリー、2階、玄関へと、さっと行き来できる機能的な空間となりました。また、以前より浴室を広げるにあたって、トイレと洗面脱衣室を一体化させることで、コンパクトながら開放感を備えたサニタリーとなっています。 浴室は0.75坪から1坪に拡張した。トイレと洗面は腰壁で仕切ることで、開放的でありながら落ち着きのある空間となっている。今回の改修では、耐震補強を行うとともに断熱性能の向上も図り、窓はすべてペアガラスに変更した。

  •  
  • 無垢の杉板は、お手入れのしやすさからクリア塗装を施している。トイレ背面のカウンターや窓枠も無垢材に交換してデザインを統一した。
  • 2階の寝室横にあったユニットバスは、日常使いの水廻りとしてトイレ・洗面室に変更。「就寝前後にさっと使えて、とても重宝しています」とK様。
  • 床、腰壁、天井と、ふんだんに杉板をあしらったLD。このリビングを中心に、サニタリー、2階、玄関へアクセスできる機能的な動線が生まれた。

リフォームデータ

建物区分 戸建て リフォーム部位 バスルーム,洗面所・トイレ
工事費 500万円台 築年数 築29年

おすすめカタログプレゼント!

戻る

店舗情報