ご自宅に賃貸住宅を併設する「賃貸併用住宅」が、有効な副収入になることもあり、今注目を集めております。
子どもの教育資金確保や将来の貯蓄や投資を考えた時、「賃貸併用住宅」であれば理想の住まいと資産形成が同時に計画できるうえに、ライフステージや家族に合わせた柔軟さも持ち合わせています。
賃貸併用住宅は、特別な方の住まいではありません。共働き&キッズ、シニア夫婦、二世帯三世帯同居など、さまざまな世代のご家族が賃貸併用住宅を選択しております。
今回は、賃貸併用住宅のメリットや疑問点などをご説明していきます。

「賃貸併用住宅」のメリットとは?

家賃収入が得られるのが一番のメリットです。
つまり、マイホームが稼いでくれるということです。定期的な収入ができることで、家計に安心感も生まれます。
サラリーマンの方であれば、有効な副収入(ダブルインカム)になるケースも。
また将来的には、ご家族で二世帯住宅として住むことも可能です。

住宅ローン返済を家賃収入で

賃貸併用住宅の家賃収入により住宅ローンの返済に充てることにより、住宅ローン返済の軽減につながります。賃貸併用住宅化のためのリフォームローンの返済額以上の家賃収入が得られるケースもあります。
ローン完済後は収入がプラスとなり、家計に安心感が生まれることになります。

また賃貸部分を設けることにより、固定資産税の軽減や相続税の評価額が低くなることにより税務対策としても有効になるケースがあります。

賃貸併用住宅は入居者に人気があるの?

マンションなどの集合住宅で暮らした経験のある方は、違和感を感じることなく暮らすことができるでしょう。必要なコミュニケーションは管理会社を通じて行うことで、ちょうど良い距離感を保つことも可能です。また、一人暮らしの女性や小さなお子さまのいるファミリーなど、大家さんがすぐ側に住んでいるので安心だという方も。良好なコミュニケーションが築けることは、収入面だけでなく、生活面でもプラスになるはずです。

賃貸併用住宅にリノベーションでかしこく上質なくらし
貸し主・借り手の将来を見据えた賃貸マンションリフォーム
二世帯と賃貸併用住宅、どちらも叶えるよくばりフルリフォーム