切り株を、なんとなく数年放置している。
木を切ることはできたが、根っこを抜くことに手こずっている
そんなことありませんか?

切り株を放置していると、
せっかくの庭の景観を損ねるばかりか、
害虫(シロアリ・蜂)の住処となってしまうこともあります。

できれば、除去してしまいたいですよね。
DIYの一環で、ご自身で切り株除去にトライする場合、
どんな方法があるのでしょうか。

こちらの記事もおすすめ
外壁の色選びのポイント ~塗り替え・塗装シミュレーション 無料お見積もり

【DIY】切り株の除去方法

除去方法は大きく分けて2つあります。

自身で切り株を抜く方法① 根の周りを掘り、根を切って引っこ抜く

根は横に下に何本も広がっています。
体力の消耗は否めません。
また、木の大きさにもよりますが、チェーンソーなどの工具は必須です 。

自身で切り株を抜く方法② 薬剤を使い、根を枯らせて引っこ抜く

根を枯らした状態で、切り株を抜くため、方法①よりも力が必要ありません。
ただし、薬剤を注入するために切り株に複数の穴をあける必要があったり、
引き抜く時は、やはり、バールやスコップなどの工具は必要だったりするようです。

・・・いかがでしょうか。

自身で切り株を除去するには、工具や薬剤、そして体力が必要です。
残念ながら、気軽な方法はありません。

なにより、上記方法が可能な場合、
放置してしまう事態には至っていないでしょう。

そこで、「業者に依頼する」という選択肢が浮上してきます。

庭木1本の切り株でも、業者は気軽に対応してくれる

業者に依頼するとなると、
なんだか仰々しく感じられたり、
高額になるのでは?と心配したり、
と躊躇してしまう方もいるのではないでしょうか?

ですが、躊躇の必要はありません。

実際「切り株 除去 業者」で検索してみると、
個人宅の植木に対応する業者がヒットします 。

また、専門的には“切り株を除去する”ことを「抜根(ばっこん)」と言います。
キーワードを「抜根 業者」に変更するとさらに多くの業者を見つけることができます。

金額は概ね、最安値5,000円~10,000円前後を設定している業者が多いです。
切り株の大きさ、作業場所の難易度によって金額は変動します。
もしかすると工具や薬剤を一から揃えるよりも費用が掛からない場合もあるかもしれません。

ぜひ、プロに依頼することも、選択肢のひとつに入れてみてください。

ミサワリフォームはリフォーム以外も出来るんです

今回の「切り株除去(抜根)」はもちろん、
お家の中、お庭まわりの“困った”の解決のため、
修理・メンテナンスに対応しています。

ミサワホームではないお住まいも、どんどん受け付けております。
お気軽にお問合せ下さいませ。

対応エリア:東京・神奈川