築50年以上の古民家リフォームシリーズをご覧いただきありがとうございます。
今回が1回目です。
どうなるのか気になる方は下記をぜひご覧ください!

その1 工事前

その2 前編 構造補強工事

その2 後編 構造補強工事

その3 前編 完成!外観と2階

その3 後編 完成!キッチンバストイレ

一歩入ったときの印象は「住めるようになるの?!」

新宿から約20分の各駅停車の駅、商店街を通り抜けると急に静かになります。
坂道の途中、住宅がぎゅっと密集した一角に木造2階建てのその家はありました。
いかにも昭和築、小さな土地いっぱいに建てられ、天井は低めです。

築50年以上の戸建住宅を全面改装。東京・神奈川でリフォーム・リノベーションならミサワリフォーム

右側がキッチン、奥に6畳の和室、玄関左に階段、階段下を利用したトイレ、浴室。

入ってすぐ右手側には流しとボイラー、配電盤があります。 この配電盤、古いタイプのもので、2線式のため、引き込みからの変更になるそうです。

築年を考えるときれいに使っていたと思われる、タイル張りの浴槽浴室とトイレはかなり狭く、圧迫感を感じるほど。これは天井の高さが低い事も理由と思われます。


1階の奥、北側は6畳の和室。浅めの床の間と収納があります。

築50年以上の戸建住宅:居間 東京・神奈川でリフォーム・リノベーションならミサワリフォーム
築50年以上の戸建住宅:床の間と窓 東京・神奈川でリフォーム・リノベーションならミサワリフォーム

急な階段で2階に…

階段を登りきると、短い廊下と左手に出窓と水道、流し台。どんな用途だったのでしょうか。
間取りは南側に6畳と、北側にも6畳…北側の和室は、計測するとほんの少し6畳に足らず、畳がイレギュラーなサイズです。

限られた広さの中で収納を重視していた様子がわかります。

立地は最高、コンパクトな築50年の古民家は、このあとどう変わっていくのでしょうか。
住むにはかなり工夫が必要なのでは?と、思ってしまう現状なのでどんな小さな変化も楽しみです。

住まい再生・ビンテージリファインのご案内

住まい再生・ビンテージリファインは
「思い出、古き良きものを生かし、再生する」ことをコンセプトにした
ミサワリフォームの戸建住宅フルリノベーションブランドです。
新築の1/4~1/2の定額制、工事期間は約3か月です。


住まい再生・ビンテージリファインの資料請求・相談は下記からどうぞ!

まるごとリフォームおすすめ記事

ビフォーアフター実例 「小平の家」
昭和の戸建・平成の戸建の問題点
「ケアの質の7割は住まいで決まる」高齢期にふさわしい家とは?『住まいで「老活」』の著者・安楽玲子先生にお聞きしました